シェアする

長尺シート(タキストロン)の水たまりを解説

外階段や廊下の改修工事で長尺シート(タキステップ、タキストロン)の工事をしたあとに「水たまり」が発生することがあります。工事前はこんな水たまりはなかったのに、工事後になぜ発生したのか・・を解説します。

タキストロンの水たまり

水たまり発生までの流れ(イメージ図)

鉄骨をサビ腐食から守る鉄工所目線で解説いたします。長尺シート(タキステップ、タキストロン)は、外階段や外廊下の鉄骨腐食の原因となる「雨水」への対策として施します。

築年数の経過した建物では、廊下の床面モルタルが経年劣化によって防水皮膜が剥がれたりヒビが入ったりします。すると、降ってきた雨水がそのまま床面モルタルの中に浸透します。結果的に床を下から支えている「デッキプレート」が腐食します。鉄骨強度が落ちて人的被害のリスクが発生します。これはアパートオーナー様には一大事です。また、イラストのように廊下面に不陸(「ふりく」と読む ※床面の水平の歪み)ができたりします。

デッキプレートのサビ腐食1

長尺シート(タキステップ、タキストロン)をモルタルの上から敷いていきます(下準備はいろいろあるのですが後述します)。

長尺シートは厚み2.5mmの強固な複合シートです。今まで床面モルタルに浸入し放題だった雨水はデッキプレートに到達できなくなります。結果としてデッキプレートの腐食は食い止められて鉄骨の寿命が延びます。つまり人的被害の回避に繋がります。

廊下を保護する長尺シート

では、逃げ場(浸入するところ)を失った雨水はどこに行くのでしょうか・・・?ズバリ、先ほどお話しした「不陸(ふりく ※床面の水平の歪み)」が水たまり発生場所になります。

新築ならともかく、築年数の経った建物の改修工事では老朽化した鉄骨下地や、モルタルの経年劣化によって不自然な不陸(ふりく)、つまり不自然な水勾配やヘコミができていることが多いです。この「へこみ」の部分に雨水が貯まるから「水たまりができる」わけです。

長尺シートの水たまり

水たまりを解決する左官工事だけどいろいろ問題が

床面の歪み(不陸)の問題を解消する方法はあります。左官工事で床面を調整することです。この作業を行えば床面に不自然な水勾配はなくなります・・が、左官作業では勾配の高いところを基準として行うことが多く、凹んだところだけを左官するのでは限度があります。また、工事費用としても予算を確保しなければなりません。さらに、弱った鉄骨に対しても、左官で使用するモルタル荷重が掛かって鉄骨強度に懸念を与えます。

改修工事では「入居者様の安全確保」「鉄骨設備の延命」が主軸のテーマになるので、水たまりを解消するための新たな工事費用と新たな懸念を生むことはお勧めしません。

雨が降って水たまりができたということは、床面モルタルに雨水が浸入していない証拠です。この点において、鉄骨延命工事の視点では成功しているということです。

参考:タキステップ(タキストロン)のメリット・デメリット

雨で水たまりができたら、ホウキでささっと掃いてしまうか、シートが頑丈な作りなので自然乾燥を待っても良いかと思います。

「一見、不便そうに感じるが鉄骨は腐食のリスクを大きく軽減した」ということです。どこまで予算をかけて直すかはオーナー様次第です。

では、実際に長尺シートを含めた外廊下の鉄骨補強工事について、下記にご紹介します。

具体的な長尺シート工事の流れ(鉄骨補強工事)

アパート外階段

アパートの外階段です。階段を上がったところに廊下があります。

廊下の床面モルタルの劣化

廊下の様子です。床面のモルタルの片側が黒ずんいますね。水勾配や不陸(ふりく)によって雨水が停滞、変色してモルタルに苔が生えたりします。また、周辺の鉄骨が常に湿気を含んだ状態になるのでサビ腐食の温床となります。これでは鉄骨廊下の強度ダウンは必至です。

廊下の床モルタルの凹み

床面の低くなっている部分をできるだけ矯正します。廊下の下からジャッキアップ作業を行い、水勾配の修正を試みます。

鉄骨廊下のジャッキアップ

廊下を下から押し上げながら補強梁鉄骨を増設します。さらに、腐食したデッキプレートも部分的に補強カバーを溶接します。構造を完全に矯正することはできませんが、勾配の修正と、鉄骨の溶接補強を兼ねた効率的な工事です。

既存防水膜の撤去

ふたたび廊下の床面。劣化した防水皮膜をできるだけ除去していきます。場所によっては工具を使いつつ慎重に工事を進めます。

床面モルタル補修

大きな床の凹みについてはモルタル補修をします。長尺シートの効果を最大限にするため、下地調整をする大切な工程です。

アパート廊下長尺シート

下地調整の工程が終わったら長尺シートを施工します。(壁側の立ち上がりはウレタン防水)

以上が、廊下の長尺シート工事の流れです。この工事には大きなテーマが2つあります。1つは「鉄骨補強(延命)」です。腐食した鉄骨を補強して強度を維持できるように溶接補修をします。もう1つは、補強された鉄骨への「腐食原因を抑止」することでです。補強をしただけでは床から雨水して、すぐに強度ダウンに直結してしまうからです。

上記の2大テーマが最優先の改修工事において生まれた水たまりですが、これは「鉄骨が雨水から守られた証拠」と割り切るオーナー様がほとんどです。安心して鉄骨を利用できることに予算を集中する方がコスパに適っています。

おまけ

工事の途中で廊下の鉄柱の根元に小さな穴を空けた写真です。勢いよく水が飛び出していますね。・・そうです。これは柱の中に貯まっていた雨水です。

鉄柱から水

ぱっと見では元気そうでも、鉄骨は経年劣化で見えないSOSを発しているかもしれません。鉄骨補修のお問合せはこちらです。