階段一覧

外部鉄骨の老朽化をどう見る?どう乗り切る?

建物外部の鉄骨設備の老朽化(サビ腐食など)に対してどのように対処すればよいのか?どのような選択肢があるのか?を解説しています。当社の見解はいたってシンプルです。「建物の残存年数まで使えればいいのでは?」です。鉄骨設備における人的被害を最低限回避できる延命策をもって、建物の寿命を合わせて無駄な出費をしない・・・そんなコスパ重視の工事をご提案します。

鉄骨階段がグラグラするピンチ。延命工事で救済

鉄骨階段が老朽化(サビ腐食)によってグラグラしてきたら危険信号です。そのまま使っていると事故が起こるかもしませんが、階段を交換しなくても修理で乗り越えられるかもしれません。この記事では「グラグラして心配な鉄骨階段を延命復旧させた工事」をご紹介します。鉄骨サビに困ったオーナー様向けのページです。