共用廊下の補修は「やるべきこと」から優先する

アパート共有廊下の補修工事で鉄骨フレームの延命を目指すのですが、正直に申し上げて補修工事も万能ではありません。交換新設工事と比べてコストダウンにはなりますが、コストダウンした分だけ何かが犠牲になります。そのバランスを建物オーナー様にご理解いただければ、確実にご満足いただける補修工事を実現できます。