ブロック塀のグラグラ補強一覧

ブロック塀の鉄骨補強工事のメリットとデメリット

老朽化したブロック塀が傾いてしまった場合、補修方法はいろいろありますが、鉄工所の私たちは「鉄骨による補強工事」をします。この補強工事のメリットは「作り直すより安い」「既存の再利用なのでプライバシーが守られる」点です。デメリットは「ブロック塀の傾斜はそのまま」ということです。詳しく解説します。

鉄工所が補強するブロック塀の基本方法

経年劣化でブロック塀の中にある鉄筋が腐食してしまうことがあります。こうなるとブロック塀は「骨抜き状態」になり、ゆっくりと傾いてきます。瓦解の可能性もある危険な状況。鉄工所の私たちは鉄骨で補強パーツを自作して、強度がなくなったブロック塀を交換せずに鉄骨で補強します。

ぐらぐらしてきたブロック塀を交換しないで補強する鉄骨工事

ブロック塀がグラグラして不安だけど、隣地の間にあるから防犯上解体しにくい・・とお悩みではありませんか?ブロック塀を鉄骨で補強すれば、既存のブロック塀をそのまま活用していく工法があります。撤去せずに工事を進められるから、プライバシーが守られ、かつ工事費用も交換工事と比べて安価です。