シェアする

外階段のステップだけを交換、補修。

外階段の錆びの現状(鉄骨サビ度:★★★☆☆)
外階段の腐食が気になるとオーナー様からご相談いただきました。外階段の本体はまだ問題なさそうです。ただちに欠落する可能性があったのはステップ(段板)。ゴムマットが敷かれたステップでしたが錆びてボロボロになっています。欠落して入居者様がケガをする可能性があります。

外階段の補修方法:
外階段は鉄骨製なので部分的に補修できます。外階段の本体はそのまま再利用して、ダメージが強いステップ(段板)だけを交換する補修を行います。ステップと外階段の本体をしっかり溶接することで延命補強されて、入居者様が転落などのケガをすることがなくなります。

外階段のステップ交換

この工事の相場費用について:
鉄骨の腐食ダメージの具合や工事条件がまちまちであるため、工事費用も現場ごとに異なります(現場調査が必要です)。お見積依頼等お気軽にお問合せください。

アパートの外階段のステップがボロボロ

アパートの外階段

現場調査時の外階段です。

ぱっと見た感じでは問題ありませんが、実際にこの外階段を使っている入居者様や配送業者さんなどは、すぐに「ある問題」に気づきます。それは、ステップ(段板)の腐食です。

ゴムマットとのすき間が錆びの温床になる危険性

鉄ステップの錆び

このステップにはゴムマットが敷かれていましたが、端部のシールが摩耗しており、鉄部とのすき間に雨水が浸入した結果、このような錆びの温床になってしまいます。

ゴムマットに隠れて腐食に気付きにくいので、気が付くとステップが欠落する危機にまで達して、入居者様や出入りする配達員さんが怪我をするケースもあります。

今回の工事では外階段のササラ桁は再利用して、ステップだけを交換する工事を行います。うまくすれば現場工事は一日で済むので入居者様への負担も軽く済みます。

外階段のステップだけを新規に交換

外階段のステップ交換完了

赤茶色になっている部分が、新調したステップです。補修工事を施したのは、このステップ部分のみです。

外階段の本来には手を付けていません。問題の場所だけを、部分的に補修することで工事費用を最低限にしています。

ステップを通気性の良い仕様に変更

ステップだけを交換修理

新しく交換したステップは「縞鋼板(しまこうはん)」とも呼ばれる、チェッカープレート製に変更しました。

このような「外階段のステップ交換」については、部分的な交換もしますし、全部の段板を交換することもあります。

部分的にステップ交換する工事例:
http://www.m-neko.com/rehabilitation/stairs-step-exchange/

ステップ全段を交換する工事例:
http://www.m-neko.com/revival/steel-stairs-emergency/

縞鋼板で作ったステップのメリットは「通気性」です。ゴムマットなど、湿気の温床となってしまうことがなく、また、もし錆びてしまっても、すぐに目視で確認できるので、早期の補修ができるだけ工事費用も抑えることができます。

デメリットは「歩行音」です。ゴムマットなどの吸音材がないため、昇り降りに際に「カンカン」と音がします。スニーカーなどのゴム底の靴であればさほど気になりませんが、ハイヒールなどで歩くと、はっきりと音がするでしょう。

どのような補修手段にするかは、オーナー様のご判断です。なにが正解ということはなく、オーナー様の建物の運営方針によって決定されるのは良いと思います。補修工事は、維持年数や工事ご予算、希望イメージのバランスのなかで自由に選択できます。お気軽にご相談ください。