シェアする

【鉄骨補修の着眼点】鉄骨サビの補修をしないで塗装する問題

鉄骨サビの補修補強をせずに塗装すると、後悔します

突然ですが、アパートオーナーの皆さまに質問がございます。

外部階段や廊下のメンテナンスで【いきなり】塗装をしていませんか?

鉄骨改修工事の足場

鉄骨のサビ腐食のご相談をいただき、現地調査に行くと「すでに塗装がされている」ケースがあります。この状況ですと現場調査(目視や触診)で腐食状況の正確な診断が難しくなります。

補修方法のご提案も以下のような「タラレバ」が付いてしまいます。

  • 塗装前に鉄骨の強度に問題がないのなら・・
  • 塗装前に鉄骨の下地が補強されているとして・・
  • 鉄骨の強度ダウンが怪しいが塗装されていてわからない

・・このような憶測を含んだご提案になるケースが多いです。

もちろん塗装工事では、塗装する前に「ケレン作業(既存のサビ腐食をそぎ落とす)」をすると思いますが、ケレン後にサビ穴が拡大したり、明らかな鉄部強度ダウンが確認できても、パテ詰めや塗装下地のテープで覆ってしまうなど、簡易的な処置で塗装されるケースがあります。

これでは、鉄部腐食のダメージは悪化する一方です。さらに厄介なのは、腐食の事態にオーナー様が気付けなくなってしまうことです。大規模な鉄骨改修工事が必要になって後悔することもあります。

鉄部の腐食を正確に診断できない写真サンプル

サビ腐食をテープで隠す

例として、上の写真のように「テープ」が巻かれて、その上から塗装された状態を確認することがあります。これは何を意味していると思いますか?

サビ腐食をそのままにして、テープで包帯を巻いて塗装しているだけです。

テープを剥がすと、サビ穴がそのままになっている例

隠ぺいされた鉄部サビ

許可を得て「テープ」を剥がした写真。鉄骨を塗装する前に、鉄骨サビの補修をしていないのが一目瞭然です。

このような「サビ補修を後回し(見て見ないフリをしてしまう)にする」例は、上記の小さな鉄部だったり、鉄骨の大切な構造部で行われていることもあります。

この写真は、ヤラセではなく、ホンモノですよ。

塗装の前に必ず鉄部のサビ補修を!

このページでアパートオーナー様にお伝えしたいことをまとめます。

アパートの外部階段や廊下・ベランダ・屋上手摺などの鉄部の錆びは、放っておくほど深刻なダメージを負います。鉄部の理想的な塗装(コーティング)時期は6年前後です。定期的な鉄骨塗装の機会に必ず鉄部の健康診断をお薦めします。

鉄骨塗装の目的は鉄骨設備の維持のはずです。外見だけ良くしても本末転倒ではないでしょうか。

鉄骨の寿命を延ばすため、塗装工事の前にしっかりと鉄骨サビ腐食の補強を行いましょう。