この記事をシェアする

錆びてボロボロになった階段段板。交換?修理?いえいえ異なる方法で補修!

このようなオーナー様のお役に立つ記事です:
外階段や鉄廊下のあるアパートをお持ちのオーナー様向けの記事です。ボロボロに錆びてしまった鉄骨や、床面モルタルを補修工事で延命する方法をご紹介します。

外階段の現状:
「外階段や廊下の床面(モルタル)がボロボロなので相談したい」とアパートオーナー様からご相談をいただきました。現地調査に伺うと鉄部の錆びは深刻でした。「交換?」「修理?」いろいろな選択肢がありますが、それとは異なる「専門店ならではの補修」をします。

外階段の補修方法:
今回の外階段の補修方法は「修理」も「交換」もせずに古い段板の上から新しい段板を増設する工法です。この工法のメリットは短期間・低コストで人的被害を回避できること。デメリットは外観が変わること。併せて、廊下床(モルタル)の雨水対策も行います。この工事で外階段と廊下の耐久性は大幅に改善するので延命につながります。

外階段の溶接補強とタキステップ(タキストロン)施工例

この工事の相場費用について:
鉄骨の腐食具合や工事条件がまちまちであるため、工事費用も現場ごとに異なります(現場調査が必要です)。お見積依頼等お気軽にお問合せください。

外階段と廊下の拝見、調査します

年季の入った外階段のサビ腐食

現地調査に伺いました。とても年季の入った外階段です。

段板の踏み面(モルタル製)が経年劣化で損傷しています。劣化したモルタルのヒビから雨水が入り込んで外階段の錆び腐食が起きていました。

アパート外階段の段板のサビ写真

調査時のモルタル面です。手すりにも錆びが侵食しています。モルタルの劣化は鉄部錆びへの抵抗力を低下させます。

アパート外廊下の床モルタルの経年劣化と雨水浸水

次に廊下を拝見します。

こちらも錆び腐食の原因が「モルタルの劣化」です。いくら鉄骨を補強してもモルタル劣化を改善しなければ、すぐに錆びが再発します。なぜでしょうか・・?

錆びの原因である「モルタル劣化」が解決されないと、直した鉄部にまた雨水が滲みて錆びてしまうからです。

「鉄骨サビの補強」「モルタル劣化の補修」のどちらが欠けても工事費用の無駄になってしまうかもしれません。

【参考】塗装と鉄骨補強の関係も同じです。片方だけ終わらせても問題は解決しません。

鉄骨サビの補修補強をせずに塗装すると、後...

補修を考えるオーナー様にお伝えしたいこと

オーナー様が補修工事を考えるとき「入居者様や工事期間、期間中の使用制限、ご近隣への配慮、工事費用」などの多くの要素が脳裏をよぎると思います。もうひとつ、専門店としてご提案したいのは「建物の残りの運用年数」という要素を加えていただくことです。

「その工事が正解なのか」は、「ご資産の維持年数に沿った補修範囲であるか」が大切だと弊社は考えます。今回ご相談のオーナー様ともココをじっくりと打合せして補修方針を決めました。

補修方針が決まったので整理します。今回の階段は、維持年数から逆算して「延命補強」で乗り切れると判断しました。

  • 手すりの錆び(欠損)→ 延命補修OK
  • 廊下屋根鐵骨の老朽化→ 延命補修OK
  • 廊下モルタルの劣化(浸水)→タキストロンで雨水対策OK
  • 廊下デッキプレートの腐食 → 延命補強OK
  • 段板の錆び劣化 → 延命不可能だけど・・?

工事対象のほとんどは延命補修OKですが、段板だけは延命不可能。一般的には新しい段板にしますが・・弊社は既存の段板をそのまま残します。理由は「既存のササラ桁」に必要以上の負荷をかけたくないからです。

もちろん、全ての階段劣化に共通していることではありません。あくまで「建物の維持年数から逆算して延命を見込めること」が基本です。

錆び腐食した段板に新しい段板を「被せる!」

階段段板の補修方法

古い段板の上に、チェッカープレート(縞板鋼板)を被せて溶接します。(歩行用の養生ベニヤ板が敷かれた写真です)。この工法のメリットは「工事期間の短縮・使用制限の軽減(ほぼ無い)・既存鉄部の負荷が最低限」である点です。結果的に「工事費用の削減」と「入居者様、近隣住民様のご負担軽減」につながります。

人がすでにお住まいの改修工事は、新築工事と違っていろいろ気を遣わないといけません。

補修工事中はご近隣や入居者様への影響(作業音や工事臭)への配慮が必要です。また、入居者様などのご利用上の不便も考慮すべきです。工期の短縮はこれらの問題を軽減します。同時に、工期が短縮すれば工賃も下がるので工事費用も節約できます。

外階段の段板交換溶接

新しい段板を既存のササラ桁と溶接します。赤茶色になっているのは溶接した部分を保護する防錆塗装の色です。このあと仕上げ塗膜を施して完成です。

サビ補修工事が終わった外階段

これで外階段の補修が完了しました。

新しい段板を被せて設置」「ササラ桁の補強」「手すりの補修」が今回のメイン作業となります。これで鉄骨階段は大幅に延命されました。段板を踏んだときの安心感が全く違うことに驚かれると思います。

廊下の補強方法と、床への雨水対策を行う

廊下屋根鉄骨のサビ補修

今回の外廊下の補修工事は、まず「廊下の補強」から始めます。

廊下の屋根を補強するために、廊下の手すりを使って「補強鉄骨(黒色)」を増設して屋根を支えます。屋根の荷重負担を分散さるためです。

廊下の屋根下地鉄骨のサビ腐食を補修

補強鉄骨(黒色)」が屋根鉄骨を支えているのがわかります。廊下手すりと屋根鉄骨が連結したので、屋根鉄骨にかかる荷重が分散されて製品寿命が延びます。

外廊下にタキストロンを施工中

つづいて、劣化した廊下床面への雨水浸入を防ぐ工事です。

劣化した床面モルタルを全部打ち替えるのは困難で高額なのと、その間の入居者様のご不便を考えると現実的ではありません。そこで長尺シートのタキストロンを使って廊下床面を保護します。

モルタルの劣化を解消するとき、「鉄骨に雨水が浸入しない」ことが最優先なので、長尺シートを敷設して雨水をブロックすれば手っ取り早く解決します。結果として、廊下鉄骨の寿命も延びます。

タキストロンと端部コーキングシール

鉄骨と長尺シートのすき間に雨水が入らないようにコーキングシールを充填します。この作業でシート端部からの雨水浸入をブロックします。

長尺シート(タキストロン)の耐久性は10年以上ありますが、端部のシールは7年前後で打ち替え(打ち増し)が必要です。後々のメンテナンスではシーリング作業だけで済むので経済的です。

【参考】タキストロンはチェッカープレート(鉄板)の廊下でも施工できます。

鉄骨廊下と階段の現状(鉄骨サビ度:★★★...

デッキプレート腐食はボンデ鋼板でカバー

デッキプレートの腐食補強

廊下を下から見上げると見える「デッキプレート(凸凹形状の鉄板)」。この製品は床面のモルタルを支える役割があります。雨水浸入で腐食したデッキプレートはボンデ鋼板で補強しました。

廊下の床面モルタルが老朽化すると、デッキプレートが真っ先に錆びの被害に遭います。外廊下の強度トラブルの原因としてナンバーワンです。床面に長尺シートを敷設したので、デッキプレートも安泰。これで補修工事はすべて完了です。

オーナー様にぜひお伝えしたいです。補修工事の方法は千差万別で迷われてしまうと思いますが、工事方法を決める方程式は・・・

建物維持年数 ÷(入居者様+工期+費用+外観+効果)」です!
(なんだかわかりづらくなったような・・。お会いして解説させてください)

鉄骨補修は専門知識と経験と技術が必要です。弊社がアパートオーナー様のお役に立ちます。