この記事をシェアする

ボロボロに腐食したベランダ鉄骨を交換せず延命します

この記事を読んでいただきたい方:
「鉄骨ベランダの腐食が気になる。でも交換まではしたくない・・」とお悩みのオーナー様にコストを抑えて延命措置する解決策をご提案します。

腐食した鉄骨ベランダの補修

ベランダ鉄骨が腐食でピンチ

「他の業者に聞いたら、交換しかないと提案された」と、オーナー様からご連絡をいただき、さっそく調査に伺いました。

ベランダの鉄骨腐食を調査

建物で使わている鉄骨ベランダの腐食が進んでいました。特に「胴差し鉄骨(どうざしてっこつ)」と呼ばれるベランダ外周部の鉄骨の劣化が深刻で、調査を経て塗膜やアルミテープに隠されていたサビ穴が沢山出てきました。胴差し鉄骨はベランダの重要な骨格部分なので、将来的には床が抜けたり、ベランダそのものが落ちてしまう危険性もあります。

このベランダは、胴差し鉄骨以外にも腐食箇所がありました。しかし大丈夫!延命補修できます。高いお金をかけてベランダを丸ごと交換しなくても10年以上使えるようにできます。

※このタイミングでベランダを交換したら、建物よりもご長寿設備になるかもしれません?それってコスパで矛盾しませんか?

工事前と工事後の写真を見てください

まずは結果からご覧ください。工事種目は「鉄骨補修」「床デッキ交換」「鉄部塗装」です。

鉄骨バルコニー補修前鉄骨バルコニー補修後

鉄骨ベランダの補修計画イメージ

ではでは、今回の鉄骨ベランダ補修計画の解説です。

まず、強度を失った胴差し鉄骨は「カバー工法」で復旧させます。さらに「根太鉄骨」「建物側の鉄骨」など、ベランダの主要パーツにも補修を加えて、これらを溶接で緊結することで、ベランダ全体の強度復旧を図ります。

自前でイメージ図を作ったのでわかりづらいと思いますが下記のような工法です。それぞれの鉄骨パーツの強度を補完し合ってベランダ全体の延命に繋げていきます。

鉄骨ベランダ補強イメージ図

工事写真あれこれ

ベランダの床デッキを支える「根太鉄骨」を増設補強。同時に床デッキも交換します。

ベランダ根太の補強前ベランダ根太の補強中

ベランダの外周を支える「胴差し鉄骨」をカバー溶接工法で補強

ベランダ胴差し鉄骨の腐食ベランダ胴差し鉄骨の腐食補修

建物側の鉄骨(こちらも胴差し鉄骨)の腐食部を増設鉄骨で補強

ベランダ鉄骨の補強前ベランダ鉄骨の補強中

鉄骨のケレンとウレタン塗装

鉄部ケレン防錆塗装ウレタン塗装

これが鉄骨ベランダ延命補修工事の全貌です。※この他にも、適材適所の溶接補強をしています。

まとめ ~補修工事を考えるときの基本方針~

補修工事に決まった正解は無いです。

「一般的には・・」と客観的な目線で補修工事を捉えてしまうと、ほぼ失敗します。

工事の基本方針は「オーナー様(入居者様)のライフスタイルや、今後の運営方針に合わせる」ことを優先してください。運営方針と補修効果が一致する補修工事を考えれば、1円も損にならない工事になります。

「じゃあ、どうしたらいいの・・?」とご不安だと思います。当社をお役立てください。オーナー様のご事情をベースにした工事プランで力(ちから)になります!

参考記事:鉄骨ベランダ補強工事を他にもやっています

この記事を読んでいただきたい方: ご自...
この記事を読んでいただきたい方: 鉄骨...