この記事をシェアする

腐食した鉄階段を交換せずに、溶接と塗装で延命補修します

この記事を読んでいただきたい方:
ご自宅の鉄階段の補修を検討されているオーナー様向けの記事です。

鉄骨階段の現状(鉄骨サビ度:★★★★★)
「日常的に使用しない鉄階段の錆びに、いま気付いてしまった・・。まだ直りますか?」とオーナー様からSOSのご相談をいただきました。鉄階段の調査に伺うと、設置場所は湿気がこもり、風通しの悪い場所でした。段板もグラグラしていて昇り降りはすでに危険な状態でした。オーナー様のご希望は「普段使わない階段なので簡易的な修理で良いです」とのこと。

鉄骨階段の補修方法:
かなりの老朽化ぶりでしたが、鉄階段を丸ごと交換しないで補修する方法を模索します。その方法は「腐食の強いところだけを直す(軽い腐食はそのまま)」という工事です。部分的にしか直さないのでデメリットもありますが、工事費用は抑えられます。具体的には鉄階段のササラ桁をそのまま使って、それ以外を交換する延命補修です。

鉄階段を交換せずに対応したい」というご希望を実現します。

鉄サビ補修と塗装工事

この工事の相場費用について:
鉄骨の腐食ダメージの具合や工事条件がまちまちであるため、工事費用も現場ごとに異なります(現場調査が必要です)。お見積依頼等お気軽にお問合せください。

ここまで腐食した鉄階段も「延命措置」できる

苔の生えた鉄骨階段

お使いの鉄階段は利用頻度の少ない「非常階段」でした。日常では目に触れないため、階段の老朽化に気付くのが遅くれてしまったようです。

調査をしてみると、段板の厚みが痩せて(薄くなって)いて、歩くとしなります。また、非常階段という用途なので、とても簡便な構造であることからサビの侵攻も速いです。さらに、階段は湿気のこもる場所に設置されており、雨樋から流れ落ちる雨水が段板に当たり続けて苔が生えていたりして、かなり疲れてしまった鉄階段でありました。

本来は階段まるごと交換が必要な状況でしたが、諸事情があり交換は厳しい・・。そこで今回の鉄階段は「延命措置」の方向で進めます。

延命補修開始。鉄階段の段板だけを解体する

階段の段板を撤去する

サビてボロボロになった段板は、ササラ桁を残して全て解体撤去します。

この鉄階段は用途ゆえか、段板が通常よりも薄い鉄板で作られていました。薄い鉄板はサビ腐食のスピードが速いので、あっという間にボロボロになります。

段板を解体します。厚紙のようにペラペラになっており、労せず撤去完了します。

階段のサララ桁は補強して再利用する

階段のササラ桁をカバー補強

段板を撤去してササラ桁だけが残します。このササラ桁を使って鉄階段を再生させるのですが、このままではササラ桁は使えません。

ボンデ鋼板(あらかじめメッキ処理された鉄板)を使ってササラ桁の強度を復旧します。そして、このササラ桁が新生鉄階段の基点となります。

アングルピース

補強したササラ桁に対して、段板を設置するための「アングルピース」を付けていきます。このアングルピースの上に新しい段板を設置していきます。

補強が終わった鉄骨階段

アングルピースに新しい段板を乗せて溶接で組み上げます。これで新生鉄階段の姿が見えてきました。

ササラ桁だけ残して古い段板だけを交換する・・つまり「補強されたササラ桁+新段板」によって延命補修された鉄階段の完成です。丸ごと鉄階段を交換するよりも数倍速く、また半分以下の費用で実現できます。

この工法のメリットは「工期が速く済むこと」「工事費が安くなること」。丸ごと交換して建物より長寿の階段を作っても無駄な出費になると思いませんか? そしてデメリットは「延命措置なので交換するよりも短寿命」ということです。

あと何年その建物をお使いになるのか、ということから逆算することで合理的な工事ができました。オーナー様にも「コスパが良いね」とご満足いただけました。

鉄骨階段を上から見下ろす

無事に延命補修が完了した鉄階段です。見違えるような強度になって蘇生しました。

ところで、階段をまるごと交換するには時間も費用も、また、お隣さんや近隣の承諾も必要になりますので十分な配慮と計画が必要になります。これに比べて延命補修工事はこれらの考慮を減らすことができます。(近隣へのご挨拶を当社で代行することもできます)

鉄部補強のあとはウレタン塗装でサビ予防

バルコニーの鉄製手摺

先ほどの鉄階段を上がったところにある、バルコニーの鉄製手すりです。近づいてみると・・

塗装が剥がれてガサガサな肌の手摺

塗膜が剥がれて部分的に鉄の地肌が見えています。この状態を放っておくと「サビ穴」が空いたりして腐食が進み、手すりがボロボロになります。

鉄部のケレン作業

この手すりにケレン(サビをそぎ落とす作業)をして付着したサビを除去します。

09

ケレンのあとはウレタン系塗料で塗装すれば、この塗膜が鉄階段をサビから守ってくれます。

鉄骨階段のケレン

既存のササラ桁にもケレン作業を済ませてウレタン塗膜をつけます。写真はケレン作業をしているところ。

塗装の皮膜は鉄部の「コーティング」としての役割になるので、外気や水分から鉄部を守り、酸化の防ぎます。ちなみに、鉄部塗膜の寿命は6年前後です(使用環境や使用立地によって前後します)。定期的な鉄部塗装と腐食補修をしておけば、鉄階段はいつまでも現役の強度を保ち続けます。

では、鉄階段の段板の写真で「工事前」と「工事後」を比べてみてください。

鉄骨階段の延命補修前 鉄骨階段の延命補修後

塗装についてオーナーの皆様にお伝えしたいのは塗装する前が大切ということです。サビ腐食を補修しないままテープで隠してしまったり、パテを埋め込んでその上から塗装しているケースがあります。これは鉄の専門家から見るとNGです。

見た目はキレイになるかもしれませんが、鉄骨の本来の強度は復旧していません。オーナー様も「これでサビから解放されたぞ!」と誤解してしまうのです。

塗装工事をする前に必ず鉄部補修を行いましょう。無駄な出費にならないように・・。

また、下記のページもササラ桁補強と段板交換した例です。合わせてご覧ください。

屋上鉄骨階段の現状(鉄骨サビ度:★★★★...

老朽化した鉄階段も、丸ごと交換しないで延命できる可能性があります。鉄骨のプロである当社までお気軽にご連絡ください。現地調査に伺います。