シェアする

【鉄骨サビ補修の方法】この鉄骨を「あと何年もたせますか?」

鉄骨サビ腐食の現場調査に伺いました

4階建物の鉄骨外部階段

こちらがお問合せをいただいた4階建てのアパートです。大家様とさっそく外部階段の腐食状況を確認していきます。

人的被害の回避が補強工事の出発点

サビ腐食した外部階段

「こんな感じなんですが・・・修理でいけますか。よその業者さんに聞いたらお手上げされてしまって・・」と大家様。

外部階段の裏側(背中)鉄骨階段の裏側のサビ腐食

鉄骨階段の裏側です。サビ腐食がかなり進んで老朽化しています。

しかし、ササラ桁の強度が残っていたのが幸いです。ササラ桁を起点にした補強が行えそうです。鉄骨階段の補修補強工事において、ササラ桁の存在度が大きく影響してきます。

ササラ桁を起点にした補修工事方法をご紹介します。
ササラ桁のダメージなし→参考(1):ササラ桁をそのまま再利用した簡易的な補修工事
ササラ桁のダメージあり→参考(2):ササラ桁に補強を行ってた鉄骨延命工事

以下、鉄骨の腐食状況の写真です。

腐食した踊り場鉄骨腐食した外部階段の鉄骨

こちらは踊り場の鉄骨です。鉄板部はほとんど「厚紙」のような状況に。

とはいえ、踊り場の鉄骨やササラ桁、構造部の鉄骨強度がまだ残っていたので、補強工事で対応できそうです。

大家様、どうぞ安心なさってください。人的被害の回避を補強工事で実現できます。

「あと何年もたせるのか」を教えてください

鉄骨階段の骨組み改修

鉄骨補修工事の目的とは「ケガなく安全に利用できる」ことです。

次に考えることは「どれくらいの間、ケガなく安全に利用するか」です。

すぐに大規模改修工事や取り壊しなどの予定が控えていれば「とりあえずの補修工事」で十分なのかもしません。

つまり、「あと何年、この鉄骨をもたせるのか」で補修工事の方法は変わってきます。

鉄骨の天敵「雨水」との付き合い方と、補修方針

鉄骨の寿命は雨水への対策の程度に比例します。外部の鉄骨は雨水によって腐食するからです。雨水対策をしないで鉄骨補強の工事をしても、その補強効果は100%発揮されません。

しかし、「残り数年でアパートを取り壊します」ということであれば、鉄骨の補強だけをして雨水対策には手を付けず、維持年数を建物の寿命に合わせても良いのでは・・?というのが当社の考え方です。

費用をかけても意味のない工事はご提案いたしません。

鉄骨補修工事の「3ステップ」

このHPで、たくさんの鉄骨補修工事をご紹介していますが、だいたい3つの工法に大別されます。どの工法を選ぶかはオーナー様の運営方針次第です。

ステップ1:「とりあえず」の鉄骨補修 ※残り数年の建物維持の場合
ステップ2:鉄骨強度の現状復旧工事 ※雨水対策を行わない場合
ステップ3:サビ腐食の原因から修理して延命補修 ※雨水対策を行う場合

今回お打合せをした大家様は「まだまだ10年、15年と使っていきたい」というビジョンをお持ちでしたので、ステップ3となる「鉄骨補強と雨水対策」をご提案させていただきました。

以下が「鉄骨補強と雨水対策」の工事後です。ご覧になってください。

鉄骨階段の裏側のパネルで化粧廊下のタキストロン、階段のタキステップタキステップ  溶接補強された鉄骨廊下

このように鉄骨補修の方法は、何よりもオーナー様のご意志を指針としてご提案します。

1番目に優先するもの → オーナー様のご意志(ご資産の運営方針)
2番目に優先するもの → サビ腐食のダメージ具合
3番目に優先するもの → 時間(工期)や値段コスト

この他、領収証やご請求書の宛名や扱い、保険範囲内の補修工事についてもオーナー様のご事情にできるだけ対応して行いますのでお気軽にご相談ください。

横山鉄工所へのお問合せ(見積依頼・調査依頼)