この記事をシェアする

錆びてボロボロになった階段段板。交換?修理?いえいえ異なる方法で補修!

この記事を読んでいただきたい方:
外階段や鉄廊下のあるアパートをお持ち大家様向け。ボロボロになってしまった鉄骨や床モルタルの劣化を補修工事で対応したい方です。

外階段の現状(鉄骨サビ度:★★★★☆)
「アパートの外階段や廊下の床(モルタル)がボロボロなので直したい」とアパート大家様からご相談をいただきました。調査したところ、鉄のサビ腐食はかなりのダメージ。「交換?」「修理?」いろいろな選択肢がありましたが、今回の改修方法としてベストと判断したのは異なる補修方法です!

外階段の補修方法:
外階段の補修方法は「修理」も「交換」もせずに、古い段板の上から新しい段板を増設する工法で行います。この工法のメリットは短期間・低コストで実現できること。見栄えはイマイチですが人的被害は回避できます。そして、廊下部の劣化した床(モルタル)の雨水対策も行います。外階段と廊下の寿命は大幅に延命するので大家様も安心です。

外階段の溶接補強とタキステップ(タキストロン)施工例

この工事の相場費用について:
鉄骨の腐食ダメージの具合や工事条件がまちまちであるため、工事費用も現場ごとに異なります(現場調査が必要です)。お見積依頼等お気軽にお問合せください。

年季の入ったアパート外階段のサビ腐食

年季の入った外階段のサビ腐食

現場調査に伺いました。とても年季の入った外階段です。

段板の踏む面(モルタル)が経年劣化で著しく損傷しています。モルタルの亀裂から浸水した雨水が外階段のサビ腐食を加速させます。

アパート外階段の段板のサビ写真

経年劣化によって損傷した段板のモルタルです。手すりも一部外れています。

モルタルの劣化」と、それが呼び水となる「鉄部の経年錆び」のダブルパンチで外階段はかなりのダメージが蓄積していて、入居者様の安全利用に黄色信号が点灯しています。人的被害の回避を優先にして補修工事を検討します。

鉄骨補修の内容を箇条書きにすると下記です。ほぼ「補強して延命」で対処できます。

  • ササラ桁の錆び(穴あき)→ 補強して延命
  • 手すりの腐食(欠損)→ 補強して延命
  • 廊下屋根鐵骨の老朽化→補強して延命
  • 廊下モルタルの劣化(浸水)→タキストロンで雨水カット
  • 廊下デッキプレートの腐食 →補強して延命
  • 段板の錆び劣化 → 延命不可能

段板だけは、延命が不可能なので新しい段板にしますが・・古い段板はそのまま使います。もし古い段板を解体してしまうと、ササラ桁に必要以上の負担をかける危険性があるからです。

工事の方法と効果を大家様に説明して納得いただいた状態で工事を進めます。丸ごとやり直すわけではないのでメリットもデメリットも理解していただきます。

補修方法の選択のために、「入居者様・工事期間・工事費用・作業手間・外観性・改修効果」などの要素が絡んできます。そして、この選択基準となるのが大家様の「建物運用方針」です。資産の維持年数によって工事内容を取捨選択するからです。

錆び腐食した段板に新しい段板を「被せる!」

階段段板の補修方法

古い段板の上に、チェッカープレート(縞板鋼板)を被せて(乗せて)溶接します。

既存の段板を使って作業を行えるので「工事期間の短縮」につながります。工事期間の短縮は重要なメリットにつながります。「入居者様、近隣住民様への負担減」「工事費用の削減」です。

詳しく説明しますと、補修工事中は作業音や工事臭が発生します。静かな住宅地では目立つので近隣の目もあります。また、工事中はアパート入居者様にも通行のご不便をかけてしまいます。工期の短縮はこれらの障害を削減します。また、工期が短縮すれば、工賃も比例して下がるので工事費用も節約できます。

外階段の段板交換溶接

新しい段板を既存のササラ桁と溶接します。赤茶色になっているのは溶接した部分を保護する防錆塗装の色です。

サビ補修工事が終わった外階段

これで外階段の補修が完了しました。

新しい段板を(被せて)設置」「ササラ桁の補強」「手すりの補修」が今回のメイン作業。補修箇所には黒色に仕上げ塗装を行っておきます。これで鉄骨階段は大幅に延命されます。

年季の入った外廊下のサビ腐食

アパート外廊下の床モルタルの経年劣化と雨水浸水

階段を上がれば廊下です。こちらも年季の入った外廊下。

先ほどの階段も廊下も、鉄骨サビ腐食の原因は「モルタルの劣化」です。いくら鉄骨を補強してもモルタル劣化を改善しなければ、すぐにサビが再発します。なぜでしょうか?

モルタル劣化を補修しなければ、鉄部の接触箇所やモルタル自身のヒビ(割れ目)から雨水が入って、内部の廊下鉄骨が再びサビの犠牲になるからです。

つまり「鉄骨サビ腐食」「モルタル劣化の問題」のどちらかだけ補修しても意味がないということです。

【参考】塗装と鉄骨補強の関係も同じです。片方だけ終わらせても問題は解決しません。

鉄骨サビの補修補強をせずに塗装すると、後...

サビ腐食した外廊下の補修と、
タキストロンによる雨水浸入ルートのブロック

廊下屋根鉄骨のサビ補修

外廊下の補修工では、まず屋根鉄骨の補強から始めます。

屋根鉄骨を補強するために、廊下の古い手すりから延長した「補強鉄骨(黒色)」を屋根鉄骨に接続することで、屋根鐵骨への荷重負担を分散させます。

廊下の屋根下地鉄骨のサビ腐食を補修

補強鉄骨(黒色)」が屋根鉄骨を支えているのがわかります。廊下手すりと屋根鉄骨が一体になったので、屋根鉄骨だけが荷重を支えずに済みます。

屋根鉄骨の荷重ストレスを軽減して、倒壊の危険を回避するアイデア工事です。

外廊下にタキストロンを施工中

鉄骨の補強工事が終わったら、劣化した床モルタルの雨水侵入の措置をします。

そもそも、劣化したモルタルを全部打ち替えるのは高額です。アパート運営の費用対効果や入居者様のことを考えると現実的ではありません。そこで長尺シートのタキストロンによるシート工事で既存廊下を保護します。

モルタル劣化については「モルタルの下の鉄骨に雨水が滲みなければ良い」ので、タキストロンを敷いて雨水をブロックすれば手っ取り早く解決します。結果、廊下の鉄骨は老朽化のスピードをかなり緩めた形になります。

タキストロンと端部コーキングシール

鉄骨とタキストロンのすき間に雨水が入らないようにするためシールを充填します。この作業で雨水浸入をブロックできたので、モルタル劣化(浸水)による鉄骨サビ腐食は回避されました。

タキストロンの耐久性は10年以上ありますが、端部のシールは5年前後で打ち替えが必要です。後々のメンテナンスではシールの打ち替えだけで済むので経済的です。

【参考】タキストロンはチェッカープレート(鉄板)の廊下でも施工できます。

鉄骨廊下と階段の現状(鉄骨サビ度:★★★...

デッキプレートの腐食補強はボンデ鋼板

デッキプレートの腐食補強

サビ腐食した「デッキプレート」にはボンデ鋼板で補強します。

廊下のモルタル床が老朽化したとき、デッキプレートが真っ先にサビの被害に遭います。アパートの外廊下での腐食の原因ナンバーワンです。

補修工事の方法は千差万別にします。その選択方法の方程式は・・・

大家様の建物運用方針 ÷(入居者様+時間+費用+手間+外観+効果)」です!

鉄骨補修は専門知識と経験と技術が必要です。弊社がアパート大家様のお役に立ちます。